過去の記事

記事のタイトルをクリックすると全文が表示されます。


台風5号の影響のため、湯の丸高峰林道は8月8日(火)終日閉鎖になります。

情報元

国道292号志賀草津道路は、天狗山ゲート(草津町)から万座三叉路(嬬恋村)の間が、大雨と土砂流出のため通行止めとなっています。

情報元

鹿沢園地サマーウィークは、鹿沢の自然とふれあえる真夏のハイライト・プログラムです。 期間中は企画展やミニツアー、星空観察会などがあり、どなたでもご参加いただけます。

期間
2017年8月5日(土)~11日(金・祝)
企画展「来て見て学ぼうジオサイト」

2016年9月に誕生した「浅間山北麓ジオパーク」。
その活動とジオサイト(見どころ)をパネルで紹介します。

観覧無料

浅間山北麓ジオパーク-ロゴ
期間 8/5(土)~11(金・祝)
時間

08:00~17:00

  • 5日は10:00から
  • 11日は16:00まで
場所 鹿沢インフォメーションセンター
2階ビジターズサロン
基調講演 「浅間・烏帽子火山の魅力」
講師 黒岩 俊明氏
(浅間山北麓ジオパーク運営委員長)
日時 8/6(日) 10:00~11:30

タイムテーブル

鹿沢園地サマーウィーク 2017-タイムテーブル
あさマン

ジオサイト
へ行こう!

浅間山北麓ジオパーク
D6浅間・烏帽子火山群

浅間山北麓ジオパーク湯の丸エリアのジオサイト「D6-浅間・烏帽子火山群」の一座を占めるかごやまは、リンネソウの代表的な生育地です。

このツアーでは、リンネソウやシャジクソウなどを実際に観察しながら、分布が限られるデリケートな野草や高山植物との付き合い方を考えます。

東篭ノ登山
池の平湿原

池の平湿原は三方ヶ峰火山の火口原に位置する高層湿原です。

初夏のコマクサ、夏のアヤメ、盛夏のヤナギラン、晩夏のマツムシソウ、初秋のオヤマリンドウなど、数多くの草原植物の花が咲くほか、カラマツの天然林なども見られます。

標高2000mに広がる雲上の花園へ出かけましょう!

5月31日(水)に発生した集中豪雨の影響による鳥居峠林道(鳥居峠~四阿山登山口)の通行止めは解除されました。

鳥居峠林道(鳥居峠~四阿山登山口)は、5月31日に発生した集中豪雨により、災害が発生したため、当分の間、通行止めとなります。

問い合わせ先
嬬恋村観光商工課
TEL:0279-96-1515

高原を彩る野の花を観察しながら、さわやかな初夏の高原散策を楽しみましょう。レンゲツツジ開花期間中は牛の放牧の様子も見ることができます。

たまだれの滝
清流の小径

清流の小径~たまだれの滝~かえでの小径の約5kmのコースを3時間かけて歩きます。
新緑の自然を楽しみながら、ガイドと一緒にゆっくり、のんびり歩きましょう。

自然の素材を使ったものづくりを楽しみましょう!
1名より開催。当日参加もできます。

雪山讃歌トレッキングは、歴史とゆかりある鹿沢で上質の雪を楽しむスノーシューツアーです。
冬の鹿沢に精通したガイドが、現代的にアレンジしたモダンコースをご案内します。

西堀栄三郎が踏み、猪谷いがや千春がシュプールを描いた雪の世界を感じてみましょう!

鹿沢は雪山讃歌発祥の地

雪山讃歌碑
雪山讃歌碑

京都帝国大学の山岳部員で、後に第一次南極地域観測隊の越冬隊長となる西堀栄三郎は、1927(昭和2)年1月、仲間とともに鹿沢で合宿し、吹雪に遭いました。そのとき、旅館に閉じ込められた一行が退屈しのぎに作ったのが雪山讃歌です。

スノーシューを履いて冬の鹿沢へ出かけましょう。

スノーシューとは、かんじきに似た雪上歩行具のことです。スキーなどに比べ取り扱いが簡単で、履いたその日からだれでも気軽に冬の雪上散歩を楽しむことができます。

ガイドのサポートつきで、冬山初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。

登山者から、村上山に登る猫がいるという話を聞きました。

その話によれば、

「村上山の登山道を歩いていると、前方に猫が歩いているのが見えました。
後ろからついていくと、その猫は疲れたのか、登山道の脇で立ち止まりました。
私は猫の脇を通り過ぎ、山頂を目指しました。
それからしばらく歩き、疲れたので休憩していると、後ろからさっきの猫がやってきて、私を追い越していきました」

ということです。
その猫は途中で登山道から離れて、どこかへ行ってしまうことはなかったのでしょうか。

「その猫はずっと登山道の上を歩いていました。
私たちは、抜いたり、抜かれたりしながら、一緒に村上山に登りました」

そこで、一枚の写真を見せていただきました。

村上山に登る猫
村上山に登る猫

鹿沢インフォメーションセンターのウェブサイトをご覧いただきましてありがとうございます。

鹿沢インフォメーションセンターの開館日は、12月1日から翌年3月31日までの間、次のとおり変わりますのでお知らせいたします。

  • 開 館 日 : 金・土・日・祝日
  • 開館時間: 午前8時~午後5時 (通常期と同じ)

こんにちは、鹿沢インフォメーションセンターでございます。
昨日までは落ち葉の中の鹿沢でしたが、一夜明けると銀世界になっておりました。

浅間山ジオパーク推進協議会では、浅間山麓の地形・地質や動植物の魅力を表す写真、歴史や文化を表す写真を募集しています。

湯の丸高峰林道は下記の期間閉鎖になります。

  • 2016年11月17日(木)~2017年4月下旬ごろ
  • 積雪があった場合は閉鎖が早くなる場合があります。

こんにちは、鹿沢インフォメーションセンターでございます。

いよいよ、鹿沢の紅葉が見頃を迎えました!
今年の紅葉の始まりは早かったですが、見頃は一週間ほど遅れて訪れました。

途中曇天の日々が続いたため色づきを心配しましたが、例年通り美しい色彩になりました。

キャンプ場内 ハウチワカエデ

嬬恋郷土資料館では、 秋期教養講座を下記の日程で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしています。

10/22(土)

上野三碑こうずけさんぴを読んでみよう
講師:群馬県立女子大学教授 熊倉浩靖

多胡碑
日本三古碑に数えられる多胡碑

上野三碑とは、日本に18例しか現存しない古代(7~11世紀)の石碑のなかで最古の石碑群である山上やまのうえ碑(681年)、多胡たご碑(711年頃)、金井沢碑(726年)の総称。 歴史的な価値の高さから世界記憶遺産候補にもなっている。上野三碑を読み解くことで、1300年前の東アジアの文化交流の姿が浮かび上がってくる。

  • この講座は「ぐんま出前なんでも講座」を利用したものです。

こんにちは、鹿沢インフォメーションセンターでございます。

10月に入り季節は秋。
園地内の木々も色づいて参りました。
標高約1400mの鹿沢園地付近の紅葉の様子をお伝え致します。

園地入口のハウチワカエデ。
この木は毎年早くから色づく木で紅葉の目安にしています。
先端が赤く色づいています。