Get Adobe Flash player

このコンテンツを表示するにはプラグインが必要です。

ヒョウモンエダシャクの幼虫
ヒョウモンエダシャクの幼虫

木々の緑は色濃く茂り、すっかり初夏の装いです。

園地のレンゲツツジは花の盛りを過ぎて、若葉が出始めました。よく見るとそこに、黄色と黒の模様がある虫がいます。ヒョウモンエダシャク(シャクガ科)という蛾の幼虫です。蛾の多くは夜行性ですが、本種は昼行性で、やや薄暗いところに生息しています。

ヒョウモンエダシャクなどシャクガ科の幼虫は、 毛虫やイモムシよりも細長い体をしていて、体を前後に伸ばしたり引きつけたりして移動します。このユーモラスな動きが、全身を使って長さを測っているように見えるので、シャクトリムシ(尺取り虫)とも呼ばれます。

成虫 写真:昆虫エクスプローラ
成虫

幼虫はレンゲツツジなどツツジ科の植物の葉を食べて成長します。レンゲツツジには毒があるのですが、ヒョウモンエダシャクはこの毒を体に蓄え、 自分自身も毒を持つようになります。 これを毒化といいます。

ヒョウモンエダシャクは、鳥などの外敵から身を守るために、レンゲツツジの毒を利用しているのです。

幼虫には目を引く派手な黄色と黒の模様があります。 これは「自分は毒を持っているぞ」と周りに知らせるためのサインで、警戒色(警告色)と呼ばれるものです。

それにしてもこのヒョウモンエダシャク、なぜ自分は毒を食べても平気なんでしょうか? 不思議ですね。

(F)

フィールドノート

ホオジロとカッコウ

2017年11月12日

すっかり葉を落とした木の枝にホオジロがとまっています。

ホオジロ
ホオジロは初夏から夏にかけて、木の梢などよく目立つところに出てきて、胸を大きく反らせてさえずります。 そのさえずりは、 「一筆啓上仕(つ...

続きを読む
おしらせ

冬期開館日のおしらせ

おしらせ 2017年12月01日

鹿沢インフォメーションセンターのウェブサイトをご覧いただきましてありがとうございます。 鹿沢インフォメーションセンターの開館日は、12月1日から翌年3月31日までの間、次のとおり変わりますのでお知らせいたします。 開 館 日 : 金・土・日・祝日...

続きを読む

草津白根山の規制緩和について

火山活動 2017年06月16日

草津白根山の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられたのを受け、草津町は15日午前8時から、火口周辺の立ち入り規制を1km圏内から500m圏内に緩和することを決めました。

続きを読む