フィールドノート

ビジターズサロンでヒヨドリが雨やどりをしています。

テラスから外の景色を一望できる特等席のテーブルに陣取って、細長いくちばしを窓に向けてひと休み。

ヒヨドリは人によく慣れる
ヒヨドリは人によく慣れる

雨はしとしとと降り続き、草木はしだれ、遠くの山並みはかすんでいます。

今日の鹿沢は、窓の外をぼんやりと眺めて過ごす、羽休め、骨休めの日です。

その後、ヒヨドリは出入口のすぐそばまで来て、しばらくそこにうずくまっていました。

そして、やがて決心したかのように、雨のなかを元気に飛び立っていきました。

(F)