現在の噴火警戒レベルは「2」=火口周辺規制=です。
 群馬・長野県境の浅間山では8月7日に小規模な噴火が起きましたが、8月8日以降、噴火は発生していないことから、本日、2019年8月19日11時00分に気象庁は噴火警戒レベルを3から2(火口周辺規制)に引き下げました。
今後も山頂火口から概ね2kmの範囲では、引き続き弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けています。