最近、鹿沢園地内で見つけた不思議なモノ! これは、なんだかご存知ですか?!

正体は・・・ 虫こぶ です!

虫こぶとは、植物組織が異常な発達を起こしてできるこぶ状の突起のこと。
虫癭ちゅうえいともいい、英語読みのゴール(gall)が使われることもあります。
虫こぶはさまざまな寄生生物の寄生によって、植物体の一部が異常な成長をすることで形成されます。

写真の虫こぶは、「ナラハヒラタマルタマフシ」といいます。
舌をかみそうですね!
虫こぶの名前の付け方にはこんなルールがあります。

虫こぶの命名規則
寄生される植物 寄生される場所 形状-1 形状-2 こぶ
ナラ ヒラタ マルタマ フシ
バッコヤナギ ハウラ タマ フシ
ブドウ トックリ フシ

ナラハヒラタマルタマフシは、 通常、葉脈の中心(中脈)についていますが、ときどき支脈についているものもあります。

支脈についているナラハヒラタマルタマフシ
支脈についているものは少ない

虫こぶの中には幼虫の部屋があり、幼虫は虫こぶの内側を食べて成長します。
成虫は春に羽化し、6月ごろ若い芽に産卵します。

(A)