天明3年の浅間山大噴火を生き残った大ケヤキ
天明3年の浅間山大噴火を生き残った大ケヤキ
群馬県と長野県の県境に位置する浅間山(2568m)は日本を代表する活火山のひとつです。 浅間山は活火山のなかでも特に活動が活発な山で、天明3(1783)年には、火砕流や土石なだれを伴う大規模な...

皆さん鹿沢からこんにちは。 鹿沢インフォメーションセンターのホームページをご覧くださいましてありがとうございます。 鹿沢園地内キャンプ場、4月25日オープンに向け急ピッチで作業が進んでいます。 今シーズンは常設テントが20年ぶりに更新され真新しいですよ。 ...

鹿沢園地に現れたニホンカモシカ
雪に覆われた小さな湿原にニホンカモシカ(偶蹄目ウシ科)が現れました。30分以上も同じ場所にいて、とてものんびりとした様子で木の芽を食べていました。 ニホンカモシカは日本に住む在来種としては唯一のウシ科の動物です。全身は灰褐色のふさふさした...

雪の上を歩くだけで・・・
あるパークボランティアの方と一緒に、ス ノーシューを履いて雪の上を歩いていた時のことです。 見るとザックから長いひもが伸びていて、その先に袋がくくりつけてあります。 その袋を引きずりながら歩いているので、 「なにをしているの?」 と尋ねると、 「アイスクリーム...

輝く新雪に足あとを刻む
輝く新雪に足あとを刻む
積雪70cm。乾いた砂のようにサラサラとした雪。突き抜ける真っ青な空。今日の鹿沢は絶好のスノーシュー日和です。 落葉した冬木立の森を歩いてみましょう。そこはとても明るく開放的な世界です。雪の上に落ちて...

窯の中の様子
窯の中の様子
11月25日に園地内にある炭焼き窯で炭焼きを行いました。 鹿沢インフォメーションセンターでは、園地内にある風倒木や、危険木として除伐されたミズナラなどを炭にしています。 朝 7時10分に火入れを開始。 煙突からの排煙温度が65℃になるまで窯口で火を焚きます...

シラカバの幹に大きな鈴カステラのようなものが生えています。これはカンバタケ(サルノコシカケ科・不食)という大型のきのこです。 カンバタケはシラカバやダケカンバの倒木や立木に発生します。 傘は幅10~25cmになり、形は腎臓形、表面は淡灰褐色でなめし皮のような手触...

10月12日当センター前のつり橋から
10月13日 弱雨 気温9℃ 鹿沢園地周辺の紅葉は今、最高です。 絵画を見ているような素晴らしい光景です。 明朝に大型台風の襲来が予想され、この葉が落ちてしまうかと思うと心配ですが、大事に至らぬこと祈るばかりです。 (T)
講話会の様子
紅葉が見頃を迎える10月11日から13日までの3日間、鹿沢インフォメーションセンターで「永遠(とわ)なる小串(おぐし) ー ...

週明けに予想される台風に備え、危険木の伐採作業を秋晴れの中で気持よく実施しました。これで安心して、お客様をお迎え出来そうです。 鹿沢園地周辺の紅葉本番です。例年よりも一週間ほど早めです。 カエデの赤、シラカバの黄、ミズナラなどの褐色。 そして、針葉樹の...