鹿沢園地の野草園から眺めることができる「四阿山」。まず、これは「あずまやさん」と読みます。珍しい読み方ですよね♪標高は2,354m。日本百名山の1つです。ちなみに、ここ嬬恋村には日本百名山が3山もありますよ!※緊急事態宣言の発令...

2020/05/03標高1400メートル近い、鹿沢インフォメーションセンター周辺のカラマツが芽吹き始めました。※緊急事態宣言の発令に伴い、鹿沢インフォメーションセンターは2020/05/03現在休館しています。開館時期が決まりましたらブログでお知らせいたします。
小:コゲラ.JPG
日本で最も小さなキツツキです。鳴き方は「ギィッ」と鳴きます。鹿沢園地でよく見られます。キツツキなので春から夏にかけて林の中で木を叩きます。その際「ダララララララ」とドラムをたたくような音が聞こえます。
本日、鹿沢インフォメーションセンター周辺の園地を少し歩いてみると、小鳥たちのさえずりを耳にしました♫目で確認できたのは、カケスやヒガラ!!小鳥の姿を見ることはできませんでしたが、ウグイスやミソサザエのさえずりを耳にすることができました♪鹿沢園地内の残雪...

コメツガの樹林帯
鹿沢インフォメーションセンターでは、2019年1月27日(日)に、スノーシューを履いて雪山を歩くイベント『雪山讃歌トレッキング ー 池の平コース』を開催しました。 これまで雪の少ない状態が続いていた鹿沢でしたが、イベント前日の26日にまとまった降雪がありました。 ...

地面にあるドングリや虫を食べています
紅葉シーズンを迎えた鹿沢に、若いイノシシ(偶蹄目イノシシ科)がやってきました。
地面にあるドングリや虫を食べています
このイノシシを初めて見たのは、10月9日のことでした。 笹の茂みから突然目の前に飛び出してきたイノシシは、と...

白樺とのコントラストを楽しむ
秋も深まり、鹿沢では紅葉が見頃を迎えています。 今年は台風の襲来が多かったものの、木々は風雨に耐えて、この時期としては葉を多く残しています。 このため、今年の紅葉の特徴は、 例年に比べボリューム感のある印象です。色合いとしては、山間部らしい落ち着いた色になっています。...

チビホコリタケ幼菌
キノコのシーズンになりました。今年の鹿沢はチビホコリタケ(ホコリタケ科・不食)があちこちに顔を出しています。
チビホコリタケ幼菌
形がマッシュルームのようでおいしそうに見えるのですが、食用に...

最近、鹿沢園地内で見つけた不思議なモノ! これは、なんだかご存知ですか?!
正体は・・・ 虫こぶ です! 虫こぶとは、植物組織が異常な発達を起こしてできるこぶ状の突起のこと。虫癭(ちゅうえい)...

今年の鹿沢は梅雨が短く、暑い夏になりました。
関東甲信地方では6月29日に梅雨明け(速報値)となり、その後ぐんぐん気温が上昇していきました。 6月に梅雨が明けるのは観測史上初めてのことです。 鹿沢に近い田代測...